なべ神 - NABEGOD

雑記が多め、アニメ・映画・健康・ゲーム・アプリのご紹介ブログ

未分類

英語は何となくでいいので、読めた方がいい

投稿日:2021年3月5日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは。

英語は得意では無いのですが、
簡単なものは読めるように、学習しています。

パソコンでお仕事していると、度々目にするのが、

「英語のエラー文章」

英語のエラー文章には、簡潔にエラーの原因が記載されている事が多く、
それを読めば、エラーを回避する方法が、ある程度想像できる場合が多いのですが、
読まない人が、案外多いように感じています。

なんかエラーでた。とりあえず聞こう。
という流れになるようで。

問題画面のスクショを送って聞いてくるのですが、
エラー文言が写ったスクショを送ってくるので、
それが解決へのヒントだと理解はしているはずなのです。

聞いてくる人の職種はバラバラなので、
仕事の内容は関係ないようで、

おそらくは、その人が、エラー文章の英語を読む気があるかないか。
なのかな。と感じています。

おそらく、英語の文章が苦手で、アレルギー的な感じなのでしょう。

エラー時は、やばそうなマーク表示で、精神を威圧してくる事も多く。
そのような心理状態に置かれると、
表示されている文章の難易度も、高く見えてしまうのかもしれません。

エラー文章に専門用語が混じっていると、
難しく見えるのかもしれませんし、

それを機械翻訳すると、
うんこみたいな翻訳結果になる事もあります。

それならば、人に聞くという方法が、汎用的であると。

まあ、わからないでも無いのですが・・。

ただ、人に聞くのは手間でしょうし、
聞かれる側の手間も考えると2倍のコストなんです。

専門用語の単語に関しては、
業務を行っていれば、聞いたことのある用語である場合がほとんどで、

その単語自体が、なんの事やらさっぱり。
という事は、ほぼ無いと思います。

エラー文言の英文は、
似たような文法が殆どですので、
単語を覚えて、文章のパターンを覚える事で、概ね理解できるようになります。

そのために、まずはエラー文言を読んでみる。
というのが大切かと思います。

翻訳技術の向上と低コスト化が進めば、
こんな問題自体起きなくなるのかもしれませんが、

さらに言えば、近いうちに、パソコンでするお仕事自体が、
無くなっていくような気もしていますが。

翻訳にラグタイムがあるかぎりは、
自分で読めた方が、効率がいいはずです。

働かなくてよくなれば最高ですが、
そうでなくとも、身についているものが多い方が、
潰しが効くのでは無いかと思います。

どうしても英語がダメなら、
実のところ、英文のエラー文言は、
翻訳にかけるのではなく、
文章そのままググれば、大抵、日本語の答えが返ってくるので、
オススメの方法だったりします。

みんな同じところで一度はつまづくという事ですね。

それでも、読めた方がいいと思いますけどね。

ではでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

2020、年末年始の過ごし方一例

no image

こんにちは。 年末年始。今年は9連休である。実家に帰らないので、予定はない。 とりあえず、ログホライズンの第3期が年明けに始まるので、BDレコーダーの中にある50話分を、1.5倍速の通しで見ようと思っ …

氷河期世代から色々考えたら迷走した

no image

こんにちは。 最近氷河期という言葉を良く見かける。私も世代ど真ん中なので気になって、自分を振り返ってみた。 新卒当時は、就職活動をしなかったので、 就職氷河期という実感は無かったのですが、 やりたい事 …

生きるのが面倒だ。

no image

こんにちは。 死にたいと言うか、生きるのが面倒です。正直、平均よりも、ぬるく楽に生きていると思いますが、それでも生きるのが面倒です。 今まで半生を生きてきましたが、「生きる事は割りに合わない。」という …

大容量携帯電話プランが安くなるようですね。ahamo

no image

こんにちは。 ドコモの携帯プラン、お安いのが出るようですね。20Gで2980yen/month キャリアメール非対応なのが気になりますが、届いているメールがiコンシェルのみでしたので、無くなっても問題 …

アナログ秘密投票では公正な選挙はできない

no image

こんにちは。 アメリカ大統領選挙が荒れてますね。 私は、もともと選挙というものを信用しておりません。毎回、出来レースな結果になるし、例え操作されていても、一市民の資本力では確認のしようがないからです。 …