なべ神 - NABEGOD

キモオジの徒然なる雑記。ゲーム・アニメが趣味

未分類

飲み食い話し歌っても、飛沫が飛ばないマスクを作って欲しい

投稿日:2020年5月20日 更新日:

スポンサーリンク

コロナが終息気味?なのですかね。
それでも新たな生活様式って言うのが、しばらく必要のようですが。

人気があって大勢に需要があるものについては、まだまだ再開が難しい。
って事みたいですね。

コロナの感染については、飛沫感染が多いみたいですね?

咳やキスなんかは論外としても、
普通に生活している範囲には、ペチャペチャ話すのが問題なのだから。
飲食店や、場合により宿泊施設なんかは、お一人様は歓迎してもいいんじゃないかなー。と思います。

まあ、精神的に安定してない人が、電話したり一人なのにぺちゃぺちゃ始めてしまうので、結局ダメなのかもしれませんけど。

マスクって、息苦しいし、かゆいし、飲み食いできないし、不便ですよね。
不便だから外しちゃうんですよ。
つけてて気持ち良かったらいつでもつけてるはずです。

まず、マスクと口の間の容積が小さすぎるんですよね。
少し早歩きしただけで酸素が足りなくなるのを感じるので、
ジョギングする人とか、外しちゃうんじゃないですか?

あとは、マスクつけると飲み食いできない。と言うのが致命的ですね。

マスクに見た目とか、正直どうでもいいので、
ペリカンや虚無僧みたいになってもいいから、
機能的なものを作って欲しいです。

かっこ悪くても、それつけてれば食事やカラオケ、劇場なんかもOKって事なら、つけるんじゃないかなー。
と思いますが、どうでしょうね。

ウィルスの遮蔽については、通常のマスクでは、ほぼ期待なんてしてないのだから、そこは犠牲にしていいと思うんです。

飛沫感染の防止に特化した、飲み食い話し歌いができるアイテムを開発して、
さっさとカラオケ劇場なんかもオープンしちゃえばいいと思うのですけれど。

掃除機みたいなのもつけて、囲い内側の空気をフィルタするようにすれば、
ウィルスの拡散対策もある程度可能かもしれませんが大掛かりですね。

新様式の生活スタイルの一案として、
対コロナ装備を自前で装着して生活するって言うのはどうでしょうね。

ネタというかファンタジーですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

かかりつけ医ってなんなだろう

no image

こんにちは。 かかりつけ医を作ってくださいって話なのですが、 イメージがわきません。 赤ちゃんの頃から、定期検診やワクチン射ってもらう。 みたいな感じで、定期的に見てもらっているお医者さん。 という感 …

昭和は教師の体罰って普通でしたね。

no image

こんにちは。 教師の体罰が度々ニュースになっていますね。 現状の教育現場がどうなのか、詳しくはしりませんけども。 昭和の時代は、忘れ物した生徒を一列に並ばせて床に正座させて、長定規で順番にビンタしてい …

陰キャの葛藤を理解できる動画があった

no image

こんにちは。 最近ニュースで、VTuberが人気と見かけたので、どんなものかとチェックした。 その過程で、陰キャの心理を、かなり正確に表現している動画に出会ったので紹介しようと思う。 エクス・アルビオ …

5人以上は大宴会らしいですが、お一人様しかダメじゃない?

no image

こんにちは。 大阪の知事の人が、5人以上の会食を自粛して欲しいと言っているみたいですね。 基準が曖昧で決めづらい所に、完璧じゃないにせよ、それなりの閾値を設定しようとする姿勢は評価すべきだと思います。 …

北海道で夏場にストーブ焚いて火事。上に干してたのはまずいかな

no image

こんにちは。 北海道中標津で火事。 夏場に犬が寒かろうと、ストープをつけて放置してたら家が燃えてたらしい。 北海道でそこそこ大きい家の場合、1畳弱くらいある、煙突のついた大型の石油ストーブがある場合が …