なべ神 - NABEGOD

雑記が多め、アニメ・映画・健康・ゲーム・アプリのご紹介ブログ

未分類

飲み食い話し歌っても、飛沫が飛ばないマスクを作って欲しい

投稿日:2020年5月20日 更新日:

スポンサーリンク

コロナが終息気味?なのですかね。
それでも新たな生活様式って言うのが、しばらく必要のようですが。

人気があって大勢に需要があるものについては、まだまだ再開が難しい。
って事みたいですね。

コロナの感染については、飛沫感染が多いみたいですね?

咳やキスなんかは論外としても、
普通に生活している範囲には、ペチャペチャ話すのが問題なのだから。
飲食店や、場合により宿泊施設なんかは、お一人様は歓迎してもいいんじゃないかなー。と思います。

まあ、精神的に安定してない人が、電話したり一人なのにぺちゃぺちゃ始めてしまうので、結局ダメなのかもしれませんけど。

マスクって、息苦しいし、かゆいし、飲み食いできないし、不便ですよね。
不便だから外しちゃうんですよ。
つけてて気持ち良かったらいつでもつけてるはずです。

まず、マスクと口の間の容積が小さすぎるんですよね。
少し早歩きしただけで酸素が足りなくなるのを感じるので、
ジョギングする人とか、外しちゃうんじゃないですか?

あとは、マスクつけると飲み食いできない。と言うのが致命的ですね。

マスクに見た目とか、正直どうでもいいので、
ペリカンや虚無僧みたいになってもいいから、
機能的なものを作って欲しいです。

かっこ悪くても、それつけてれば食事やカラオケ、劇場なんかもOKって事なら、つけるんじゃないかなー。
と思いますが、どうでしょうね。

ウィルスの遮蔽については、通常のマスクでは、ほぼ期待なんてしてないのだから、そこは犠牲にしていいと思うんです。

飛沫感染の防止に特化した、飲み食い話し歌いができるアイテムを開発して、
さっさとカラオケ劇場なんかもオープンしちゃえばいいと思うのですけれど。

掃除機みたいなのもつけて、囲い内側の空気をフィルタするようにすれば、
ウィルスの拡散対策もある程度可能かもしれませんが大掛かりですね。

新様式の生活スタイルの一案として、
対コロナ装備を自前で装着して生活するって言うのはどうでしょうね。

ネタというかファンタジーですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

エンパスについて、ゆるく考えた。

no image

こんにちは。 エンパスっていう言葉を最近知ったのですけれど、共感力が高くて、他人が具合悪いと自分も影響出ちゃうような人の事を言うらしい。 小学生の頃、もらいゲロしたことあるから、私はエンパスなのかもし …

ため息は幸せが逃げる?舌うちよりは若干マシかな

no image

こんにちは。 溜め息すると幸せが逃げていくらしいじゃないですか。 ため息がくせになっていそう人が身近にいらっしゃるので、 その例で考えてみます。 おそらく本人は、無意識だと思うのですが、 困ったことが …

過労自殺事件から5年。一部の大企業の労働環境は劇的に改善されたと思う

no image

こんにちは。 電通の過労自殺は、当時、派手に取り上げられましたね。 最近、5年経ったという事で、再びニュースに取り上げられてますが、社会に与えた影響はどうだったのか、実体験より一例を。 当時、従業員の …

放漫なサービスしてたら早死にする

no image

こんにちは。 気分が乗ったので、考えなしにサービスすると、サービスした部分にケチがついて、サービス大盛りを要求される。それならサービスをやめたいが、引っ込みがつかなくなる。 こんな事なら、サービスは、 …

察してくれとか、シャイなのを主張する事は、他人に負担をかけている

no image

こんにちは。 喧嘩した時に、「もう、別れましょう!」とか、「もう、会いたくない!」とか。一般的なやり取りの1パターンだと思うのですけれど。 相手が、察する人であるならば、本心は言葉通りじゃないと解析し …