なべ神 - NABEGOD

雑記が多め、アニメ・映画・健康・ゲーム・アプリのご紹介ブログ

雑学

【考察】中身が薄いブログ記事はいらないのか?

投稿日:2020年3月29日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちはー。

まとまらない話です。

今日は、ブログ記事についての考察です。

内容うっすいなー。って。そういう記事はいるのかいらないのかって所を考えて見ました。

というのも、私の書く記事内容が、中身が薄く、まとまってもいなくて
こんなの書いてて本当にいいの?ってところに疑問を持ったからです。

少なからず、調べたりまとめたりした記事の方が、長期に渡ってアクセスを集める可能性が高いのは、経験上からはっきりしているわけでして、
なら、中身の薄い記事については、書かない方がマシなのか?

という事ですね。

プロブロガーの方などは、中身が薄かったり、反応が悪かったりする記事は、
ガンガン、リファクタリングして行くようですね。
記事を更新して、ブラッシュアップして行く。

場合によっては、記事の削除も行うみたいですね。
ブログ方針の転換機とかに行われるみたいですね。
カテゴリーを統一したり。とか。

というところを考えて行くと、削除する事があるわけですから、書かないほうがマシな場合もあるのかな?と。

ただ、これはある程度、ブログのボリュームが育ってきてからの話ではあるので、ボリュームが育つまでの間は、ボリュームを大きくすることに専念すべし。

だと思います。
とにかく、毎日更新する。
更新しないくらいなら、中身の薄い記事でも書いた方がいいのかなー。と。

中身が全くないのはダメだと思うのですけれど。
例えば、暗号みたいなものだと、検索的にも引っかかりずらく、厳しい感じはします。

中身がないものを中身が薄いものにするには、最低1つは主張を入れる必要があると思っています。日記とかつぶやきの延長みたいな記事であっても、一つでも主張が入ってたりする場合、それに反応していただける可能性がある。

主張がきちんとまとまってたりすると、さらに反応をいただきやすくなる。って事だと思います。

ただ、きちんと纏めてある記事。というのは作るのに時間がかかりすぎたりするので、それが厳しい場合もあると思います。

主張があるのに、まとめるのが大変なので、記事をあげる事ができない。となってしまうと、全く主張しないことになってしまうので、そうであれば、7割6割くらいの納得感でも、バシバシ上げて行った方がいい気がします。

アップした後に修正することも可能ですからね。

っと、まとまらない話でした

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Kindle版デビューしました

no image

Kindleってキンドル。 電子書籍のReaderの事です。今回、新たにやる事を求めて、Kindle版の本を購入したので、その経緯をメモします。 私、Amazon Primeで観たいアニメは概ね見尽く …

住所がバレるの気になりませんか?自転車シール

こちらの写真に写っているシール。 自転車シールという物のようです。 自転車に貼って、所属を明らかにする為のシールです。 広く一般に浸透しており、マンションだけではなく、 保育園や学校、その他様々な施設 …

ヤン食べに行きたい。週末に

『ヤン食べに行きたい』 『週末に』 と言われました。 ヤン?なんだろ?と。 頭の中を3秒くらい検索しました。 3秒の間に頭に思い浮かんだものを徒然と。 真っ先に、思い浮かんだのはこの人 FF4 このヤ …

【考察】金券バラマキについて思う事。

no image

こんにちはー。まとまらない話です。 今日は、地方振興券などの、政策に関わる金券の配布政策について考えて見ました。 というのも、コロナウィルス対策で、いっぱい金券配られるかも?っていうのをチラホラとニュ …

【考察】布マスク、みんなに配布する理由と、効果とは。

no image

こんにちはー。 まとまらない話です。 布マスク配ってくれるみたいですね。なんで配られるのか意味がわからないなりに考えてみました。 国が布マスクを466億円かけて、みんなに2枚ずつ配るんですって。どうい …