なべ神 - NABEGOD

雑記が多め、アニメ・映画・健康・ゲーム・アプリのご紹介ブログ

アニメ

【2017春アニメ】正解するカド第4話『ロトワ』感想 日本は爆弾を落とせるのか?

投稿日:

スポンサーリンク

正解するカド、今季一番かも?
謎への興味の持たせ方が上手です。

今までは、ずーっと、ヤハクィザシュニナのターン!でしたが、
今回は地球人のターンでした。

正確には、地球人同士のターンというべきでしょうかね。

第4話『ロトワ』3行まとめ

国連は日本政府に、国連による全てのワムの隔離管理を要求。武力も辞さない構え。
新道は、ヤハクィザシュニナが方策を持っている事を日本政府に伝える。
しかし、それには日本と総理の覚悟が必要であると言う。

第4話 ポイント

  • ワムは2対で1セット
  • ワムは公害を出さないが、使い続けると大気圏のエネルギーバランスが狂う
  • 新道の後輩が、異方担当特使に任命
  • 国連はワムの全提出を要求
  • 新道は、国連にワムを提出しても、人類にワムは行き渡らないと予測
  • ヤハクィザシュニナは、対国連の方策を持っている
  • ヤハクィザシュニナの対国連方策は、爆弾を落とす覚悟が必要との事
  • ヤハクィザシュニナの対国連方策に必要な人選の第一候補は、女博士

感想

国連 VS 日本

国連安保理は、ワムを提出しなければ、
日本と戦争してでも奪い取る。と脅してきました。

日本の総理の人は、その決定に対して、
日本閣僚に対して、こういう感想を発言しております。


安保理にワムを提出すれば、その処遇は常人理事国が決定する事になる。
先進国は、ワムの危険性を訴え
厳正な管理と、拡散防止が図られるだろう
核すらまともに扱えぬ人類が
夢のエネルギーワムを与えられても、こんな後ろ向きな結論しか出せんのか・・!

ヤハクィザシュニナは、言ったではないか。
ワムを分けろと。

ちょっとかっこよすぎですね。
世界に全力で脅されておきながら、
こんな人類目線に立って発言できる日本の総理。

日本の「ユノクル」が高い、というのは、
この総理ありきですねえ。

ワムは国家ではなく人類に与えられるべきもの

ヤハクィザシュニナは、全人類にワムを行き渡らせたいご意向です。
国連に渡ると、拡散防止で、それが成り立たないと予測される。

なので、対応方策を申し出る。

しかし、実行するには、
爆弾をおとす覚悟が必要だと。

こういうあたりが、非常に上手なアニメですね。

ホッと一息つくやいなや、
もっと大きな謎と興味が・・

興味が湧き続ける話の組み立てが素晴らしいです。

ロトワ

4話の題名のロトワって何でしょう?
来週わかるパターンですか?爆弾のことでしょうか?

あとがき

次は、空母も出撃しているような予告ですし、ドンパチがあるのでしょう。
本当に爆弾をおとすのでしょうか。
どんなウルトラCを見せてくれるのか、
次週も見逃せません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #50 彼らの居場所(最終回)バッドエンドでしょうか

鉄血のオルフェンズ最終回迎えました。 ネタバレありの感想となります。 鉄血のオルフェンスは、 予想を裏切る展開の連続でした。 主要キャラクターが死という形でどんどん離脱していく展開。 最後には救いがあ …

【2017春アニメ】正解するカド 第2話「ノヴォ」感想|なるほど。そういう事だったのか。

2話です。 1話を見逃した人。ご安心ください!大丈夫です。 あらすじの部分で完璧に1話を表現しきっていると感じました。 1話のおさらい いきなり謎の四角が出現 謎の四角は壊れない 謎の四角から人が出て …

【2017春アニメ】ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第3話『愚者と死神』感想|涙目と上目遣い

Contents1 第3話『愚者と死神』3行まとめ2 ポイント3 感想3.1 白猫お嬢様と初めての共同作業3.2 音楽とエフェクトが反則、王族の血を引く生徒の異能4 あとがき 第1話はテンプレ 第2話 …

【2017春アニメ】ID-0(アイディーゼロ) 第2話感想 痩せたレイズナーの名前はIDO(イド)

Contents1 第2話 時空結節2 第2話 ポイント3 感想3.1 IDO(イド)3.2 主人公のマヤの能力3.3 ラストの幼女4 あとがき ID-0(アイディーゼロ)です。 結構面白いと思います …

【2017春アニメ】終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?第3話 感想|違和感あるけどそれがリアル

すかすか第3話。「この戦いが終わったら」の感想となります。 ちょっと感情表現が突飛すぎて違和感を感じる事が時々あるのですが、 実のところはその方がリアリティあるのかも。 また、3話のタイトルは、有名な …