なべ神 - NABEGOD

雑記が多め、アニメ・映画・健康・ゲーム・アプリのご紹介ブログ

アニメ

【2017春アニメ】ID-0(アイディーゼロ) 第2話感想 痩せたレイズナーの名前はIDO(イド)

投稿日:2017年4月27日 更新日:

スポンサーリンク


ID-0(アイディーゼロ)です。
結構面白いと思います。
オープニングで切らなくてよかったと思います。

第2話感想行きます。

第2話 時空結節

主人公のマヤちゃんは、宇宙地質学の首席。

助けられたオリハルト掘削業者に、半ば無理やり雇われる事になった。

レイズナーとペアで高難易度オリハルト掘削に成功、回収した鉱石の中に謎の幼女がいた。

第2話 ポイント

  • クールな青ロボ、痩せたレイズナーの名前はIDO(イド)という
  • イドは、エバートランサー(肉体はもうない。ずっとロボットの事)
  • 主人公のマヤちゃんは、サポートナビゲーション能力が高い
  • 謎の天体が20日前に突如出現
  • 謎の天体はオリハルトのパワーでストーム(触るとダメージ)を出しているぽい
  • 掘削業者は謎の天体からオリハルト掘削に成功
  • オリハルトはマインドトランスシステムに関係している

感想

IDO(イド)

痩せたレイズナーみたいなロボットの人

「この仕事、俺が引き受けた」
とかクールなセリフまわしのロボの人

名前はIDO(イド)というようです。
アニメタイトルID-0(アイディーゼロ)と関連してると思います
が。
どんな関係なのでしょうね。今後わかってくるのでしょうか。

しかも、エバートランサーという事で、
ずーっとロボットに意識が乗っかっているようです。
肉体は、もう無いらしい。

主人公のマヤの能力

宇宙地質学の首席という事で、地質の観測・分析能力がパネエようです。
謎の天体の内部では、イドとタッグを組み、素晴らしいナビゲーションで
ミッションを成功させました。

ラストの幼女

謎の天体から回収したオリハルト鉱石の中に、謎の幼女がいた。
謎ですね。小学校低学年くらいですかね。見た目は。
髪型は、セーラームーンに出てくる、なるちゃんみたいなので、紫ピンクな色。
服装は、なんていうのでしょう、アイドルっぽい?まあ、かわいい系です。

とりあえずキャッキャってずっと笑っている。
まあ、現時点では謎ばかりですね。

あとがき

ID-0はオープニングの作画というか(構図のせい?)の、スカスカ感を乗り越えると
普通に面白い気がします。
テンポも良いですし、絵もそこそこしっかりしていると感じます。

細かいところがリアルというか、3DCGで自動計算なのでしょうかね。
ものの衝突具合とか、その辺りがリアルです。

ロボットアニメとしてみるべきなのかは、
ちょっとわかりませんね。

敵の軍隊の雰囲気も、ガンダムよりは、スターウォーズ的というか。
白と黒のデザインのせいなのかなあ。

第3話感想もあります。
【2017春アニメ】ID-0(アイディーゼロ) 第3話感想 みんな肉無しBOTだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

【2017春アニメ】クロックワーク・プラネット#2『大支柱崩落』ネタバレ感想 | ゴスロリから制服へ

Contents1 幼女博士サイド2 主人公サイド3 そして、話の最後に4 あとがき クロックワーク・プラネット第2話の感想となります。 ちなみに、タイトルの『大支柱崩落』は、「パージ」と呼ぶようです …

【2017春アニメ】ID-0(アイディーゼロ)1話を見直した。最初の1分間だけが違和感あった

ID-0(アイディーゼロ)第1話を見た時は、正直微妙だった覚えがあったのですが、 今はSFストーリー好きな方には、かなりオススメのアニメだな、と思います。 最近のアニメは少なくとも3話まで見るのが、基 …

ヤン食べに行きたい。週末に

『ヤン食べに行きたい』 『週末に』 と言われました。 ヤン?なんだろ?と。 頭の中を3秒くらい検索しました。 3秒の間に頭に思い浮かんだものを徒然と。 真っ先に、思い浮かんだのはこの人 FF4 このヤ …

【2017春アニメ】ID-0(アイディーゼロ) 第6話 感想 イドの過去を語ると即効性死亡フラグが立つ

「自分はクールであれ」 と自分に言い聞かせて生きてきたような青ロボットの「イド」ですが、 アリスを見つけた途端、熱い感じになっちゃいましたね。 第6話 まとめ イドは自分の過去であるアリスのキープにこ …

【2017春アニメ】ロクでなし魔術教師と禁忌教典 第7話 感想 水着より制服がやばいでしょ

女キャラがとにかく可愛すぎるアニメ と評価させていたいております本作品ですが。 (今初めてそう評価しました。) 今回も、期待を裏切らず、可愛すぎでした。 そして、今回も、ろくでなしなんていなかった。 …