なべ神 - NABEGOD

雑記が多め、アニメ・映画・健康・ゲーム・アプリのご紹介ブログ

ゲーム

【おすすめADV】EVE Burst error 気づかずに絡み合う二人にドキドキ

投稿日:2017年3月10日 更新日:

スポンサーリンク

アドベンチャーゲーム面白いですよ!

最近はスマホゲームが一斉を風靡しておりますね。
スマホゲーでADVと言うと、乙女ゲーが1つのジャンルとして成功してますね。
ただ、本格探偵物ストーリーで成功しているスマホタイトルはちょっと見当たりません。

本格探偵物ストーリーというと、EVEシリーズを思い出してしまいます。

EVEシリーズは沢山出ておりますが、一番最初の作品が一番オススメです。
『Eve Burst Error(イヴバーストエラー)』
windows98のソフトです。

ざっくり言うと、探偵アクション物のストーリゲームです。
ストーリーが良いのですけども、
ストーリーゲームの一つの完成系と言える出来の良さです。

Eve Burst Errorはwindows98のゲームです。
現在Windows98を用意するのはきついなあ・・
と、思って調べてみると、なんとPS Vitaで出てるじゃないですか!
Windows7,8,10版もございます。

PS Vita版

Windows7,8,10版

PCでもVitaでもできるなんて・・良い時代になりました。
これで勝つる!ですね。

マルチサイトADV ストーリーとゲームシステムの一体化

本作の特徴として、【マルチサイトADV】
と云うシステムが挙げられます。

プレイヤーは、小次郎とまりなの2人の主人公を切り替えながら、
小次郎視点とまりな視点の2方向からストーリーを進めていきます。
この2視点で進めるストーリーのシステムが当時斬新でした。

バイナリィランドみたいな、重なりはしないけど、影響しあって進むのような。


画像バイナリィランド

Eveの場合
あの時小次郎はこうしたから、まりなの方ではこうなっているんだー。のような。
は、気づかない内に影響しあう形になっており、
ストーリーに、ゲームシステムが、ぴったりはまっています。

このゲームは、ストーリーゲームですので。
話が面白くなくてはならないです。
話をゲームで見せる為の1つの面白い方法。
それがマルチサイトADVです。
話をゲームで生かす演出として素晴らしい成功例です。

このゲームシステムだから、このストーリーのこういうシーンで興奮せざるを得ない!
みたいなのがあるんです。
PCいじってるシーンとかまじドキドキするわ。
level6以上到達時とか、ブルブルってしてしまいました。

ほんとオススメですので、お試しください!

あとがき

読みもの系のストーリーゲームは、
その後の映画やドラマやアニメにも影響を与えた作品が多いように思います。

もし、このシリーズのゲームやった事ないなら、ぜひオススメしますよ。
探偵物好きなら、迷う必要なし。やりましょう。

ダンガンロンパとか好きなら大丈夫!

タイムリープものが好きならYU-NOをオススメします。

そちらはまた、後日にでも!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

【はねろ!コイキング】CP最大値(12.9T)で応援25%UP時のはねる距離は?

はねる力が、ほんとうの限界になったコイキングが、25%UPの応援を受けた場合、一体何mはねるのか。 ちょっと気になりますよね?何とかこの目で確認できないかと祈っておりましたが、14回戦目でピカ様が25 …

【シノアリス】ブリキノココロ アイテム交換の優先度

「ブリキノココロ」 収集イベントです。以前にクロックラビットのイベントがありましたが、その側替えイベントですね。 基本は前回のイベントと同じ立ち回りで良いと思います。 期間:2017/7/19 17: …

【シノアリス】被虐の琵琶|後衛武器解説

被虐の琵琶の主観的説明紹介です 編成優先度 味方前衛の編成と作戦に依存 物理劣勢想定で【必須】(風や火の染めでも【必須】) 物理優勢想定【低】 魔法【入らない】 劣勢時2.5倍率の物理攻撃特大up武器 …

【にゃんこレンジャー】アップデート解説 にゃんポストや組み合わせの追加等

にゃんこレンジャーアップデート

2017/6/5に、こっそりアップデートが来てますよ! UIの改善や、にゃんポスト、仲間の組み合わせが増えた等その内容の解説をしてまいります。 Contents1 進行状況がわかるグラフィカルバーの追 …

【にゃんこレンジャー】連続タップを少しだけ楽にする方法【iOSの場合】

今回はにゃんこレンジャーだけってわけではないのですが、 iOSデバイスの、ちょっと上級な使い方を紹介いたします。 まあ、標準機能ですし、知っている人は知っている方法ですけどね。 Contents1 に …